意外と知らないつっぱり棒の正しい設置方法&耐荷重について

    もんきち
    あなたの家にあるつっぱり棒は落ちてきませんか?

    実は意外と知られていないつっぱり棒の設置方法!

    大体が説明書に書かれているのですが、見ずに設置しちゃいますよね?

     

    落ちないつっぱり棒のアレンジ方法は色々あると思いますが、まずは基本の設置方法を知っておきましょう。

    バネ式つっぱり棒

    一番よく使われているこのつっぱり棒。

    これは中にバネが入っているのでバネ式つっぱり棒です。

    大体の人が、まずつっぱり棒を取り付けたい場所にはめ、そこから伸ばしていくと思います。

    しかしこれは間違い!

     

    正しい方法は、取り付けたいところより数cm長めに棒を引き出し、グッと押しバネを縮ませて中に入れます。

    バネ式のポイント

    • 壁の間隔よりつっぱり棒を長く
    • 細い方のパイプから壁に押し当てると取り付けやすい
    • 中のバネを縮ませながら押し込む

     

    こうすると棒の中のバネが充分に縮んだ状態で固定されるため、突っ張る力が強くなります。

    取り付けたいところに棒を入れたまま伸ばしてしまうと、中のバネは伸びた状態となるので、突っ張る力が弱くなってしまいます。

     

    あらかじめどれくらい長くしておくかは商品によって異なるので、説明書を参考にしてください。

    スポンサーリンク

    ジャッキ式つっぱり棒

    次はよくホームセンターなど売られている、太くてごついこちら。

    ジャッキ式つっぱり棒と呼ばれています。

     

    ジャッキ式で重要となってくるのが、棒の長さを固定するネジの締め方

    まずジャッキ式のネジ部分ですが、このネジは内側の鉄パイプに穴を開けて固定しているんです。

     

    ネジをある程度回すと、このネジが内側のパイプに当たり固くなってきます。

    しかしそこで止めない!

     

    どれだけ固くても、ネジの根本近くまで回しきることが重要です。

    途中からかなり固くなってきますが、もう無理!という限界まで回してください。

    ジャッキ式のポイント

    • ネジを根本近くまでしっかり回す
    • 内側の鉄パイプにしっかりネジを貫通させる

     

    耐荷重について

    つっぱり棒には耐荷重が記載されていると思います。

    耐荷重とは、どれくらいの重さまでかけられるかという目安です。

    この耐荷重ですが、つっぱり棒を伸ばせば伸ばすほど耐荷重は減る。

    つまり耐荷重は一定ではないということです。

     

    パッケージに記載されている耐荷重は、つっぱり棒を短く使った場合の耐荷重の可能性が高い

    商品によっては、丁寧に長さ別に耐荷重を記載してくれているものもあるようです。

    スポンサーリンク

    まとめ

    意外と間違えているかもしれないつっぱり棒の設置方法。

    つっぱり棒を正しく設置さえすれば、今より強度が増すかもしれません。

    もんきち
    今設置しているものも、ぜひ正しい方法で設置し直してみてはどうでしょうか♪

    ランキング参加しています!
    ポチして頂けると喜びます♪


    人気ブログランキングへ

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です